立地企業インタビュー

いまやグローバル社会。技術力があれば、どこにいても勝負できます。

サワダSTB株式会社 青森工場 代表取締役/澤田  均さん

ニッチなフィールドながら「山椒のように小粒でピリリと辛い」、そんな存在でありたい。

 私どもの青森工場では、半導体製造の後工程として、微細加工をして検査・テストをするという専門的な業務をしています。特に、テストの工程をメインとしているのが特徴で、社名のSTBもセミコンダクタ・テスティング・ビジネスの略で、ちゃんと「テスト」という業務名が入っているんですよ。
 本社創業は昭和39年。半導体業界では歴史は古い。先代が始めた当初はトランジスタでした。それがICとなりLSIとなり今や超LSI。そういう変化に何とか対応し続けてきたからこそ、いまこうしてやっていられるのだと思います。実際、大手のメーカー内部にも検査部門はあるので、ウチでは大手がやれない部分、面倒な部分を担当することが多く、そういう意味では全国でも数が少ない、ニッチな仕事と言えます。だから確かな技術を基盤に「小粒でもピリリと辛い」山椒のような会社でありたいと、常々考えています。





 

シリコンバレーに憧れて。青森の伸び伸びと広い環境が理想にぴったりでした。

 青森工場を作ったのはバブルの時代です。半導体の先進地、アメリカのシリコンバレーにならって、ゆったりと広い土地を求めていました。ただ、関東近県はすでに土地が高いのでどこか地方で、と思っていた矢先、偶然、東京で開催されていた青森県の立地企業セミナーに出会ったんです。青森には縁もゆかりもないんですが、結局、県の担当者の熱心さに心を打たれたんですね。まあ、学生時代に東北を旅して十和田湖の満天の星空に感動したことがあるので、人からどうして青森に進出したのかと聞かれれば「星がきれいだから」とロマンチックに答えることにしてるんですけどね(笑)。
 実際に来てみると、三沢空港まで車で15分くらいだし、東京への宅配便も翌日着くし、デメリットは意外と少ない。もちろん冬は寒くて厳しいんですが、初めに現地視察したときに猛吹雪に遭遇したので、それは覚悟の上。むしろ一番厳しいときに来てみてそれでも良いと思えた、ということですね。
 工場は、空港に近く海外からみえるお客様のアクセスの良さも満足しています。
 人材についても、熟練を要する作業に皆さんがキチンと対応してくれています。だから会社としても、東京と青森で勤務条件や給与は全く同じにしています。また、若い人には積極的に海外研修も行かせています。このグローバル社会においては、日本という小さい国の中で、特別に青森だからどうこうというのはナンセンスですからね。

モノづくりの裾野を広げるために、「中小企業にやさしい青森県」を推進してもよいのでは。

 近年、工場の海外進出の是非が問われることが多いですが、私はいろいろなリスクを考えると、国内に工場を持つ方がメリットが大きいと思います。
 逆に国内の地方の側でも、大企業の誘致だけでなく、中小企業の誘致や助成にも力を入れたらよいのではと思っています。 というのも、モノづくりは自社だけでは完結せず、必ず周辺事業との関連が出てきます。ウチでも現状、機械加工とか部材調達などは関東地区に発注している物も多く、それが県内でできればいいのにといつも思いますね。産業は中小企業が集積して裾野が広がってこそ根づいていくもの。そのためには、青森県内の中小企業にもっと助成してもいいし、東京の中小企業を誘致してきてもいい。私の知ってる範囲でも東京で地方進出を窺っているところが実は結構あるんですよ。我が社においても半導体加工技術を核とした新産業事業をこの地で発展させたいと思っていますが、県としても「中小企業にやさしい青森県」というアピールをしたら、他県と較べても斬新で画期的だと思いますよ。


サワダSTB株式会社 青森工場
〒033-0073
青森県上北郡六戸町金矢1-7金矢団地内
【本社】東京都青梅市二俣尾3-841-1
【会社設立】1964年7月
【創業開始】1991年3月
【誘致年数】21年
【従業員数】90人(青森工場40人)
【事業内容】テストプログラム開発、設計、企画
テストフィクスチュア機器開発
半導体(IC、LSI)製造検査.テスティング、ダイシング、バックグラインド他
2012年11月現在



 

工業団地情報

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区

条件で検索

分譲価格(m2
地域
立地条件
リース制度 指定なし
特別高圧 不可 指定なし

空き物件情報

物件タイプで検索

物件タイプ

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区