青森県空きオフィス物件web内覧会

IT関連立地企業
インタビュー

株式会社フォリウム

「暮らしたい場所で活躍することを支援」

 取締役COO 
田中 健悦

立地企業データ

【会社名】
株式会社フォリウム 八戸オーグメンテーションセンター
【所在地】
青森県八戸市十三日町1 ヴィアノヴァ2F
【立地年月】
2011年5月
【従業員数】
約350人
【本社】
株式会社フォリウム 
東京都港区浜松町1-12-4 第2長谷川ビル3階

事業内容と八戸オーグメンテーションセンターの役割

当社では、BAS事業と呼んでいる「ビジネス拡張サービス」を提供しています。当社の人的リソースとノウハウで、クライアント企業の事業をスピーディーに拡張させるためのサービスです。具体的な事業内容は、マーケティングリサーチ関連業務、バックオフィス系のサポート業務、コール業務などで、クライアント企業の業界や発注部門は多岐にわたります。

本社には営業や企画のメンバーが在籍しており、東京近郊のクライアント企業への窓口対応をしています。八戸オーグメンテーションセンター(以下「八戸センター」)では、東京のクライアント企業から受注した案件のオペレーション業務すべてに対応しています。マーケティングリサーチの例で言うと、調査の設計や実施条件に関して確認・運用管理をするディレクター、webアンケート画面の作成、回収した回答データの集計など、実査と呼ばれる一連の作業に対応できる人材が揃っています。それ以外にも、Web広告系やEC系のバックオフィス業務に従事しているスタッフがいます。

青森県八戸市にオフィスを構えた経緯

フォリウムの前身である旧トゥルージオは2011年、本社と八戸センターの2拠点でほぼ同時に設立しました。顧客を獲得するには、IT系のクライアント企業が多い都心の拠点が必要です。受託したオペレーション業務は必ずしも東京でおこなう必要がなく、より人材が豊かな街でオペレーション業務ができればと考えていました。
いくつかの候補地を検討していた中に八戸市がありました。2011年3月に東日本大震災が発生して、八戸市も震災の影響を受けていたことから、復興を支援したいという思いが強くなり、最終的に八戸市に立地を決めました。

設立当初は認知度があまりない会社でしたので、八戸市と立地協定を結び、新聞広告・求人誌への掲載や、八戸市主催の会社説明会への参加など、採用面での助成や、家賃などの補助をいただきました。

八戸市にオフィスを構えてみて

人材面でいうと当初イメージしていたとおり、ITオペレーションに適した、真面目で実直な人柄の方が多い印象です。八戸の土地柄、IT系の経験者を採用するのは難しいため、基本的には人材を育成していくことになります。IT初心者の社員にも、業務をスムーズに習得してもらうため、PCの使い方から業界知識、作業方法やクライアント対応まで体系的に学べるよう、研修のカリキュラムをしっかり用意しています。クライアントさまに、品質・納品スピードともにご満足いただけるサービスを提供できています。

八戸センター設立時は3名から始まり、現在は約300名まで増えています。ここまで会社が成長できたのは、継続的に採用活動を行ってきたことが理由の一つです。当社では、様々なスキルを身につけてより高度な仕事をしたい、事業を通じて自分の生まれ育った故郷八戸を盛り上げたいといった意欲のある人材を募集しています。もちろん、Iターン・Jターンの方も歓迎しています。

働き方の面では、9割以上の社員が車通勤なので、仕事以外の時間を上手に使うことができているのではないかと思います。この辺りは海が近いので、中には出社前にサーフィンに行ってから出社する、仕事終わりに釣りに行く、ジムや習い事に通う社員もいます。八戸は、首都圏への交通の便がいいのも魅力のひとつですね。

また、市街地の活性化イベント運営やプロモーション、クラウドファンディングのサポートや人材教育など、地域活動にも積極的に取り組んでいます。
社員と地域との関わりを深め、自身のスキルや能力を活かすことで新たな可能性を見出してほしい、そういった活躍ができる環境を作っていきたいというのが会社の強い思いです。

今後の展望

2021年4月に、旧トゥルージオ株式会社は旧ノーザンライツ株式会社と経営統合し、株式会社フォリウムという新しい会社になりました。これにより八戸センターは300名ほどの規模になります。まずは既存の人材リソースとノウハウを活用して、これまで以上にクライアント企業の事業の拡張をサポートしていきたいと考えています。また、現在は「人材リソース」の提供サービスが主軸となっていますが、今後はそれに加えてビッグデータの活用やRPA・AIの導入など、「人×テクノロジー」でより専門性が高い業務をさらに発展させ、ますます雇用の創出、地域活性化に取り組んでまいります。

▲ Page TOP