産業特性

青森県の産業別事業所数

2013年「青森県の工業」によると、青森県の産業別事業所数において、もっとも高い割合を占める業種が食料品で405社(構成比27.5%)であり、次いで繊維140社(同9.8%)、金属製品132社(同8.7%)となっています。


青森市及び弘前市を中心とする「津軽地域」、八戸市、三沢市、十和田市及びむつ市を中心とする「県南・下北地域」の産業特性を踏まえ、企業立地促進法に基づく基本計画を策定し、産業集積の促進や人材の育成に取り組んでいます。

津軽地域の産業特性

半導体、電子デバイス、情報通信、医療機器などの集積が進み、特に光ファイバー、光デバイス、光学用プリズム、画像処理装置、半導体検査装置等の光技術を応用した製品の研究開発・製造に取り組む光技術関連企業が集積。
また、豊かな農林水産資源に恵まれ、食品産業が盛んなことから「あおもり農工ベストミックス新産業創出構想」に基づく食品関連産業の創出や弘前大学(医学部)や県立保健大学等との連携による医療・健康福祉機器をはじめとした新たな産業創出を目指す「青森ライフイノベーション戦略」にも取り組んでいます。

県南・下北地域の産業特性

八戸地域を中心に鉄鋼・非鉄金属、製紙、化学などの基礎素材型産業、半導体製造装置、情報通信機器、自動車・航空機、ソフトウェア産業などが集積。
また、下北地域では原子力関連施設、大規模風力発電所、国際核融合エネルギー研究センター、環境科学技術研究所などが立地し国内でも稀なエネルギー開発・研究の拠点形成が着々と進んでいます。
エネルギーの安定供給や地球温暖化対策が世界的に大きな課題となっている中、環境・エネルギー分野における研究開発等を通じて需要の拡大が見込まれる環境リサイクル、省エネルギー・省力化技術及び新エネルギー関連産業等の集積や新技術・新産業の創出に取り組んでいます。

 

工業団地情報

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区

条件で検索

分譲価格(m2
地域
立地条件
リース制度 指定なし
特別高圧 不可 指定なし

空き物件情報

物件タイプで検索

物件タイプ

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区