立地企業インタビュー

青森から乗り換えなしで首都圏へ。ビジネスの可能性が拡大

並木精密宝石株式会社 黒石工場 執行役員工場長 松村 浩志さん

青森県から世界へ。オンリーワンを発信し続ける

 私たちは、創業以来の「切る、削る、磨く」という固有技術を基盤として、その時代の先端技術との融合により、ハイテク機器のキーパーツを供給してきました。例えば、携帯電話の振動モータや、液晶画面のバックライト・青色LED用に開発したサファイヤ素材などは、世界のスタンダードとして採用されています。東北大学との連携で世界最小・直径1.5mmのギアードモータを開発しましたが、現在はさらに0.9mm径の開発に挑んでいます。これに入る歯車は0.3mm以下という、米粒に何個も乗る大きさなんです。今後は医療分野で生かされることになるでしょう。当社は開発主導型の企業ですが、黒石工場はその中でもR&D拠点として位置づけられ、次の製品の母体をここでつくるという気概にあふれています。

30年前の地元採用一期生は、各部門の責任者として活躍中

 青森県への進出を決定したのは1980年で、人材が豊富なことと、青森空港への利便性が決め手となりました。期待した労働力の確保については、新卒者の多くが県外就職していた近隣地域から、優秀な人材に多数集まっていただきました。車で20分の青森空港は、当社の軽量・小型製品の物流に最適で、さらに、湿気が少なく空気が清浄という気候も、エレクトロニクスや精密加工製品には好条件でしたね。また、県や市からは企業誘致にかける大変な熱意が感じられ、たくさんサポートしていただきました。
 当時のエピソードですが、進出を決めた先代会長が温泉好きで、工場建設と並行し温泉掘削も始めたんです(笑)。1,050mまで掘り進めると見事お湯が湧き出し、現在も青森へ来る出張者が疲れを癒す温泉として、事務所の一角に温泉旅館並みの浴場があるんです。温泉地の多い青森ならではですね。
 まじめで粘り強い地元の方の人間性とともに、青森の魅力は豊かな自然です。岩木山や白神山地などはもちろんですが、身の回りに当たり前のようにある緑が疲れを癒してくれます。また、日本海と津軽海峡、太平洋に囲まれ、新鮮な魚がいつでも味わえるのは、遠方からの来客にも喜ばれています。


医療、通信、半導体など、すべての業界のワールドスタンダードをクリアする品質管理。


ナノ単位の精密加工・生産では業界トップを走る。工場の背後では岩木山が美しい稜線を描く。

 

東北新幹線が青森まで延伸。首都圏から日帰り圏内へ

 青森空港も近くにありますが、新幹線が青森まで延びることは、アクセス手段が増えるだけでなく、確実性の高い選択ができるということです。私どもの本社は東京の中でも、埼玉県寄りですので、羽田へ向かうより大宮駅からの方がより便利になります。ビジネスチャンスも確実に広がることになるでしょう。出張の多い企業でも、今後は空の便との使い分けができて、アクセスはますます充実してきたといえますね。進出を検討される企業の方は、情報交換会など、行政からの積極的なサポートを上手く活用されることをおすすめします。


並木精密宝石株式会社 黒石工場
〒036-0539
青森県黒石市大字下目沢字小屋敷5-1
【会社創立】1953年
【黒石工場操業】1982年2月
【従業員数】560名
【事業内容】工業用宝石部品、コアレスモータ&ブラシレスモータ、携帯電話用振動デバイス、精密ギヤーヘッド、光通信用精密部品などの製造・販売
【本社】東京都足立区新田3-8-22


東北大学との協力で、金属ガラスギアを使った世界最小1.5mmの超小型ギヤードモータが生まれた。


レーザーを使用しての超微細な精密加工技術を確立。三次元の微細穴加工も可能にした。

 

工業団地情報

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区

条件で検索

分譲価格(m2
地域
立地条件
リース制度 指定なし
特別高圧 不可 指定なし

空き物件情報

物件タイプで検索

物件タイプ

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区